白河六旗

6月9日、10日に福島県白河市復興プロジェクトとして「白河六旗」を開催致しました。本年度からは白河文化交流館コミネスでの開催となり、両日共に超満員の盛り上がりでした。ステージ終了後には多くの方々から感謝のお言葉を頂き、大変嬉しく感じました。東日本大震災や原発事故では甚大な被害を受け、現在も震災の爪痕が残る中、少しでも白河市そして福島県の方々に勇気や元気を届けることが出来たらと思っております。以下は活動の詳細となります。


【6月9日】

白河市と西郷村の中学三年生約1000名を招待し、各校の応援歌等を披露致しました。ステージ終了後には質問コーナーを行い、中学生にとってより身近な存在になれたのではないかと感じております。

【6月10日】

午前中は白河市の一般市民の方々を対象に各校の舞台を披露致しました。前日に負けないほどの大盛り上がりで、多くの方々に喜んで貰えたのではないかと感じております。午後は観光名所である白河小峰城の見学や白河農協り菜あんにて農産物やジェラートの試食をさせて頂きました。


2日間を通して白河市の方々には大変お世話になりました。現地ではいつも温かい歓迎をして頂き、我々一同大変嬉しく感じております。今後とも多くの方々に元気になって頂けるような活動を行っていきたいと思います。